不眠の改善におすすめのサプリメントとは?

こんな人はいませんか?

〇不眠で毎晩ぐっすり眠れず、翌朝も疲れが残る。
〇不眠で夜中に何度が目が覚めて、熟睡できない。
〇不眠による睡眠不足で頭がスッキリせず、だるい。
〇不眠の改善に効果的なサプリメントを試したい!

 
当サイトでは、上記にように不眠の傾向があるかたへ向けて、「不眠の改善に効果的なおすすめサプリメント」の情報を発信しています。世の中、特に現代日本の社会には、不眠で悩んでいるかたが、かなりの数いるようです。不眠の原因によって、その改善方法は別れますが、もっともオーソドックスで汎用性のある対策が、不眠改善サプリメントの服用だと言われています。もちろん不眠の深刻度合によっては、専門医にかかり睡眠薬等の処方を検討する必要があります。でも「まだ、そこまででもない」という方は、まずはカジュアルに、不眠改善に効果的なサプリメントから始めてみてはいかがでしょうか。
 

快眠博士

このサイトでは毎晩不眠に悩む人たちに向けて、ベストな改善策をレクチャーするぞ。不眠をあなどってはいけん。不眠は万病のもとじゃ!


助手ロボ

患者さん、どーぞ!


不眠のAさん

最近あまりグッスリ眠れなくて…。市販の睡眠薬に頼ると依存症になりそうで怖いですし、睡眠薬っていろいろと副作用もあるって聞きます。できればクスリに頼らずに不眠を改善したいのですが…。


快眠博士

うんうん。気持ちはよくわかるぞ。一般的に不眠の治療=睡眠薬の服用とイメージする人も多いじゃろうが、睡眠薬に頼るのは、それこそ「最後の手段」と思ったほうがいい。睡眠薬は脳神経を強制的に睡眠に誘うクスリじゃ。普通に考えて、身体にいいものではない。そこで、おすすめなのが、サプリメントで不眠の根本原因を改善させることじゃ。簡単に言えば、サプリで栄養を補充して、グッスリと睡眠がとれるような身体に自然と体質改善させるわけじゃ。


不眠のAさん

不眠サプリって、睡眠薬とは違うんですか?


快眠博士

不眠サプリメントはクスリではあらない。いわゆる健康補助食品というやつじゃ。よくビタミン剤などをサプリメントで飲むじゃろうが、あれと同じじゃ。睡眠障害つまりは不眠の原因で多いのが、グッスリ眠るのに必要な脳内物質が不足しているケース。その不足している脳内物質をしっかり分泌させるように、サプリメントで補ってやるわけじゃな。

いかがでしょうか。もう一度まとめましょう。不眠だからといって、安易に睡眠薬に頼ってしまうのはおすすめできません。睡眠薬は、確かに、飲めばあっという間に眠くなります。病院で処方される睡眠薬には睡眠導入剤が入っているので当然です。でも、強いクスリは身体にも少なからず影響を及ぼします。中には依存症で、毎日睡眠薬が手放せなくなるような人も少なからずいます。
不眠の改善には、まず、その不眠の根本原因をつきとめ、不眠体質を改善しなくてはなりません。不眠の原因はストレスなどいろいろと複合的な要因が考えられます。ただ、ひとつ言えるのは、不眠で悩むひとは、グッスリ眠るのに必要な脳内物質の分泌が、一般の人によりも不足している場合が多いようです。そこで、不眠サプリメントを上手に利用して、栄養を補てんし、脳内物質の分泌を促してあげることが重要なわけです。以下、当サイトがおすすめする、不眠改善のサプリメントをご紹介します。数あるサプリの中から、当サイトが厳選してピックアップしました。
 

不眠症に効くおすすめサプリランキング

リフレのぐっすりずむ ★★★★
通常価格(定価) 2,980円
*定期コースなら2,682円
容量: 31粒(1袋)
機能性関与成分: L-テアニン200mg(1粒)
推奨摂取量: 1日1粒
1日ぶんの料金目安: 1日1粒で約96円(定価換算)
リフレのぐっすりずむの特徴
・楽天サプリメント週間ランキング1位獲得
・定期購入で毎月10%OFF!(2,980円⇒2,682円)
・消費者庁に「機能性表示商品」として提出済み
・1粒にL-テアニンを200mg配合。寝る前に1粒でOK。

快眠博士

不眠サプリの中でも安定した人気を得ているのがこの「リフレのぐっすりずむ」じゃ。男女問わず、働き盛りの世代から、高齢者まで広く愛用されているらしい。不眠や一時的なストレスの緩和に効果的といわれるL-テアニンが1粒に200mg、ギュっと詰め込まれているので、基本的には1日1粒、寝る前に飲めばOK。そんな手軽さも人気の理由のひとつかもしれん。もちろん、ぐっすりずむに配合されているのはL-テアニンだけではない。リラックス成分のGABAやグリシン、健康成分のビタミンB1やビタミンB12がバランスよく配合されているので不眠はもちろん、ストレスの緩和にもバッチリ効果が期待できる!

GOOD Night 27000 ★★★★
通常価格(定価) 6,000円
*今なら990円(定期初回)
容量: 90粒(1箱90カプセル)
機能性関与成分: L-テアニン200mg(1粒)
推奨摂取量: 1日3粒
1日ぶんの料金目安: 1日3粒で約200円(定価換算)
グッドナイト27000の特徴
・PROMO健康サプリメント部門1位(2015年度)
・2016年度モンドセレクション金賞受賞
・定期購入でグッっとお得(6,000円→990円に)
・消費者庁に「機能性表示商品」として提出済み
・L-テアニンを6000mg配合

快眠博士

不眠サプリの中でも女性を中心として人気なのがこのGOOD Night 27000というサプリメントじゃ。今なら初回990円で購入できるので、まずは一度試してみてもいいじゃろう。質の良い睡眠をとるカギとなるのがL-テアニンという成分で、緑茶に含まれるアミノ酸の一種じゃ。他の睡眠サプリといわれる健康補助食品も基本的にこのL-テアニンが配合されているものが多いのじゃが、このGOOD Night 27000には、1粒200mg配合されている。しかもGOOD Night 27000にはL-テアニンだけでなく、グリシンやGABA、トリプトファン等の各種アミノ酸、さらにはラフファやカモミールといったハーブ等も含まれているので、リラックス効果も抜群といえよう!

マインドガードDX ★★★
通常価格(定価) 8,625円
*お試し価格6,810円
容量: 500ml(1本)
機能性関与成分: クワンソウ1000mg(30ccあたり)
推奨摂取量: 1日15㏄~30cc
1日ぶんの料金目安: 1日15㏄で約260円(定価換算)
マインドガードDXの特徴
・希少な8つの高級天然休息成分を特濃配合!
・お試し価格で約22%OFF!(8,625円⇒6,810円)
・ドリンクなので特濃成分がスッと体内に吸収される。
・利用者満足度(継続して飲み続けたい人)87%。
快眠博士

マインドガードDXの特徴はドリンクタイプであることじゃ。一般的な不眠サプリメントはカプセルの粒タイプが多いのじゃが、マインドガードDXは毎晩ベットに入る前に15㏄~30ccを水やジュースに溶かして飲む感じになる。液体なので錠剤よりも成分が高濃度で配合でき、なおかつ、スムーズに体内に吸収されることもポイントのひとつと言えよう。あと、不眠サプリメントといえば、緑茶に含まれるL-テアニンというアミノ酸が定番じゃが、マインドガードDXはあえて天然の休息成分をバランスよく配合することにこだわっている。モリンダシトリフォリアやクワンソウといった天然ハーブをはじめ、レスベラトロールやGABAなど希少な高級成分を惜しみなく配合しているのはマインドガードDXならではかもしれん。値段は若干高めじゃが、内容成分をみればそれも納得といえよう。

不眠症に効くおすすめサプリランキング
いちばんオススメは結局のところ、どれ?

不眠のAさん

先生、全部いい感じで、優柔不断の私には選びきれません…。不眠の私には、どのサプリメントが一番いいと思います?先生のおススメを教えてください。「全部おすすめ」ってのはナシでお願いします。


快眠博士

上記にあげた不眠サプリメントは、膨大な数の不眠サプリの中から、私が厳選して選び抜いた3商品じゃ。ゆえに「どれもおススメ」というのは、ある意味、その通りと言える。ただ、あえて1つ選ぶとすると、ん~、「リフレのぐっすりずむ」かのう価格的にもお手頃で、サプリメント初心者でも、そんなに気負うことなく試してみれることがポイントじゃ。サプリメントは続けることが最も大切なのは言うまでもない。


不眠のAさん

なるほど!「リフレのぐっすりずむ」、1日1粒(約96円)を寝る前に飲むだけなら、経済的にもあまり影響しないですね。金欠の私でも続けられそうです。不眠サプリなんて初めてだし、とりあえずお手頃感のある「ぐっすりずむ」から始めてみようかな。先生、スッキリしました。今日は何だか熟睡できそうです。


助手ロボ

お大事に。グッドナイト!

まとめ:不眠症に効くおすすめサプリ

というわけで、当サイトとしては、まず「スフレのぐっすりずむ」から始めてみるのをおすすめします。理由としては、なんといっても、続けやすいお手頃な価格であること。あとは寝る前に1日1回、1カプセルを飲むだけなので、毎日忘れずに服用できそうだということ。博士の会話にもあるように、不眠に限らず、サプリメントはある程度、服用を続けることが何より大切です。ついうっかり飲むのを忘れたり、めんどくさくて飲むのを中断してしまったら効果は期待できません。以上、あくまで当サイトの評価ですが、不眠症に悩まれている方で、不眠に効果のあるサプリメントをお探しの方にとって、選択の一助になれば幸いです。ありがとうございました!


投稿日:2017-08-14 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません